村山製油株式会社
純国産菜種を100%使用した純粋無添加の菜種油

村山製油

 
FAX注文用紙

 

商品カテゴリ

油屋の日々あれこれ。

村山製油 株式会社

ご来店ありがとうございます!
ホームページ担当の村山知恵(ともえ)です。
油屋さんにいて起きる、日々のいろんな出来事を、少しずつ、時には長々~とつづっていきたいと思います。


店長日記はこちら >>

 

HOME»  村山製油»  村山製油のこだわり

村山製油のこだわり

■国産菜種のこだわり


昭和40年ぐらいまでは、菜種油といえば国産菜種が原料だったのですが、輸入の自由化や鹿児島では稲の二期作が始まり菜の花の作付けが減ってきました。
ですが、国産菜種のほうが味、香り、色ともに良いのです。現在、国産菜種は、輸入菜種に比べれば、量的にはごくわずかです。
村山製油ではこの貴重な国産菜種を、なんとか確保して菜種油作りを続けています。
最近では、転作地利用やエコ活動の一環で菜の花栽培が増えてきているようです。花はきれいで、はちみつも美味しく、菜種油の廃油は軽油の代替燃料や石けんの原料になります。

■菜種に対するこだわり


国産菜種のこだわり 菜種にこだわる

国産の菜種というだけで貴重なのですが、品種や品質でいろいろ違いがあります。村山製油の純菜種油は、鹿児島産と北海道産の質のいいものだけをそれぞれ搾り、うまくブレンドしたものです。


■手を加えすぎないこだわり


国産菜種のこだわり 1.菜種をふるいにかけ選別します。
2.50kgほどの菜種を鉄の釜で20~30分煎ります。
3.圧搾機で搾ります。
4.菜種油の原油と油粕に分かれて出てきます。
5.タンクにたまった原油をお湯洗いして一晩置きます。
6.上澄みの油をもう一度お湯洗いして一晩置きます。
7.上澄みの油に熱を加え水分を完全に飛ばします。
8.和紙を仕込んだろ過機を通して黄金色の菜種油の出来上がりです。